ブログスタイル

Twitterでバズって分かったブロガーの仲間意識と優しさ

Twitterでバズって分かったブロガーの仲間意識と優しさ アイキャッチ

どうもー、ゆきかざです!

今日はTwitterについての話です。

ブログTwitterについて書くのは初めてです。

これまで書いてこなかったのに、なんで急に書く気になったのか?

それはTwitter上である事件が起きたからです!

私(ゆきかざ)とTwitter

私がTwitterを始めたきっかけ

私はブログを始めてちょっとしてからTwitterも開始しました。

初期のブログは本当に見てもらえないのでTwitter上でも宣伝するといいよとアドバイスをもらったのがきっかけです(アドバイスをくれたぽっくる先生ありがとうございます!)

私は以前にもTwitterはやっていたのですが、楽しみ方も付き合い方もイマイチ分からず苦手だったので放置してました。

 

新しく始めた今回のアカウントでもそれは同様で、SNS上で誰かと関わったりすることが苦手な私はとりあえずやっているくらいの感覚で眺めていました。

それでもTwitter経由からブログを見てもらったり、フォロワーさんも増えたりして少しずつ楽しむことが出来るようになりました。

ツイートしてもいいねは0か一桁

少しずつ楽しめるようになったものの、自分から誰かに絡みにいったり(コメントしたりリツイートしたり)はなかなか出来ません。

そもそもリツイートがなにかもまだよく分かっていないので(笑)

一応毎日1つか2つくらいはツイートするようにしてますが「いいね」がつくのは1とか2とか基本一桁で0という時もあります。

たまに10とかいくと自分的には「おー、伸びたなー!」という印象です(笑)

ある日のツイートがきっかけで大事件が起きた

そんな中、ある1つのツイートが私にとっての大事件を起こしました。

それがこちらです。


いつものように特になにを考えるわけでもなくつぶやいたこの一言。

呟いたのは夕方から夜中くらいでその日は特になにもありませんでした。

仲良しのフォロワーさんが「いいね」をいくつかくれたくらいだったと思います。

 

そして次の日になりました。

私のツイートにすごい勢いで「いいね」がついて通知が止まらなくなりました。

その勢いは止まらずツイートしてから翌々日も「いいね」ラッシュでした。

「すごいって言ってください」って自分で求めたのはだいぶ恥ずかしいですが、優しい方々がコメントを93件もくれました。

リツイートに関しても22件もしてもらえました。

いいね」の総数は897件でした。

 

本当にありがたく嬉しい出来事でした。

当然嬉しいのだけど、初めてのことなのでどうしていいか分からず色々な感情の変化もありました。

今回のこの事件はバズったといえるのか?

最近はよく「バズる」という言葉がよく使われますよね。

私もしっかりは理解していませんが、ネットだったり世間だったりですごい話題になることと認識してます。

ブロガー界隈でも急にその日のPV数が伸びると「バズった!」と喜んでいる人が多くいます。

 

Twitterでのバズに定義はないようですが「1万いいね」が目安になるようです。

そうすると今回の私のツイートは「897いいね」なので、その10分の1にも達していません(笑)

しかし前述したように私のツイートは基本いつもいいねが一桁なので「1いいね」のツイートに比べたら897倍というわけです。

このことからバズったとは言えなくても、プチバズというか私にとってはいつもとは違う状況だったことは理解してもらえると思います。

ツイートがバズった時の感情の変化

今回のツイートがバズっていく中で私の感情の変化はこうでした。

喜び

動揺

恐怖

安堵

1、いいねやコメントが増えていく「喜び」

先ほど書いたように基本的に私のツイートに対する「いいね」は一桁が当たり前だったので、いいねがいつもより増えていくことは嬉しかったです。

コメントをもらって褒められたりすることで、ブログをやってきてよかったと思えました。

2、自分の想像以上にツイートが広がっていく「動揺」

いいね」やコメントはさらに増え続け、通知が鳴りやまない状態となりました。

自分がいつも生息している世界以外にツイートが広がっていくことで、どうしたらいいのか分からなくなりました。

経験したことのない状況になり「いいね」やコメントをもらえることは嬉しかったけど、内心はかなり動揺していました。

3、さらにリツイートされ、注目される「恐怖」

時間が経っても1つのツイートに対する「いいね」やコメントは増え続け、さらにリツイートされることによって拡散されていきました。

嬉しいんだけど、やっぱりどうしていいか分からない・・・

 

ここからは私の完全な被害妄想ですが、自分がとても注目されている気分になりました。

「この状況下ではいつものようにくだらないツイートが出来ない・・・」

今、考えれば当然私自身に注目が集まっているわけでもないし、私以外からすればたいした事件ではないわけです。

 

ただ、いつもと違う自分の状況は少し怖くも感じました。

ネットでは拡散だったり、炎上だったり悪いことがすぐに広まる社会となりました。

これまでは私とは無関係と思っていたことですが、実際にありえることなんだなと思いました。

もちろん今回のことは私にとっていいことでしたが、色々な意味でSNSやネット社会の怖さも感じました。

4、ツイートの勢いもなくなり「安堵」へ

2・3日過ぎれば私のツイートに対する注目は誰からもなくなりました。

いいね」やコメントもなくなり、いつもの私の平穏なTwitterに戻りました。

今回の事件は私にとってはとても嬉しい出来事で、経験したことのない状況や感情を味わうことが出来ました。

ただいつもそんな状況だとやっぱり辛いだろうなと思います。

 

芸能人やインフルエンサーは一言つぶやいただけで、世間に対してものすごい影響力がありますよね。

そんな人たちって本当に大変なんだろうなと思います。

Twitter上でも「インフルエンサーになりたい!」と野心を持って活動している人がたくさんいますが、私には理解できません・・・

やはり私はひっそりくだらないことをつぶやいている方が合っていますね(笑)

ツイートがバズったことの副産物

今回起きた2日間ほどのバズは炎のように舞い上がり、嵐のように去っていきました。

そのあとには「祭りのあと」のような静けさが残っていました。

しかし、そこには置き土産が残っていました。

それは以下に挙げられます。

Twitterのフォロワー数 700人→950人
ブログのPV数 平常時より約200PV程増加

Twitterのフォロワー数が激増した

Twitterでバズったことにより「いいね」やコメントだけでなく、私をフォローしてくれる人が多くいました。

私自身も全部コメントを返信し、いいねやコメントをもらった中で仲良くなりたいと思った人をフォローしたらフォロバ(フォローバック)してもらえました。

このことで、700人程だったフォロワーが2-3日で250人程増えました。

遠いと思っていた1000フォロワーにもだいぶ近づくことが出来ました。

ブログのPV数が平常時より増加した

バズっていた約2日間はPV数がいつもより200近く多かったです。

私のツイート自体がブログに関するものであり、見てくれた方もブロガーさんが多かったと思うので「いったいどんなブログなんだろう」と興味を持って見てくれたのだと思います。

ただあくまでもその時だけのものなので、継続して安定したPVを稼ぐにはやっぱりSNS流入よりはSEOによる検索流入だなと感じました。

有名で憧れのブロガーさんにリツイートしてもらえた

ブログを書いていると

「この人のブログが好きだ!」
「こんなブロガーさんになりたい!」
「このブログは参考にしてがんばろう!」

こういうことってあると思います。

 

私にも何人かいるのですが、その1人が「クロネさん」です。

ブログを始めたばかりの人はほぼ確実に「クロネさん」のブログにたどり着いて参考にさせてもらっていると思います。

その「クロネさん」にも今回の私のツイートをリツイートしてもらえました。

フォロワー数が15000人を超えているブロガー界の神である「クロネさん」に1ブロガーの私のツイートが届くなんて夢にも思っていなかったし、その人にリツイートしてもらい、「しゅごい」と言ってもらえたなんて本当に嬉しかったです。

バズって分かったブロガーの仲間意識と優しさ

今回のツイートがなぜこんなにたくさんの人に広まったのか?

自分なりに理由を考えてみました。

1、自分で「すごい」って言ってとアピールしたから

Twitter上でよくこういう文章を目にします。

「このツイートをRTしてください!」
「拡散お願いします!」

けっこう自分からお願いして広めてもらったり、バズを狙ったりしているものが多いです。

自分のような悪い性格の人間はこれを誰が広めるんだろうと思ってみているのですが、実際にけっこうリツイートされていることが多いです。

 

私は今回、自分で「すごいと言ってください」とお願いしているので説得力はないかもしれませんが、普段はTwitter上で誰かにお願いしたりはしません(笑)

やっぱり自分でなにかを起こそうと思う人であれば、見た目とか外聞は気にせずに自分をどんどんアピールすることが大切だし、意味があるのだなと感じました。

2、ブロガーは優しく、そして仲間意識がある

私のフォロワーは大半がブロガーさんです。

今回、自分のツイートが広まったのはブロガーさんに共感してもらえたからだと思います。

「すごいって言ってほしい」と私が言ったことや、実際に私が月1万PV達成したことを素直に「すごい」って言ってくれたのだと思います。

同じブロガーだからこそ月に1万PV達成出来た喜びを共感してくれたり、褒めてくれたのだと思います。

そういう意味でブロガーはとても優しいなと思いました。

 

ブログを始めた時はブロガー同士はいわばライバルであり、敵であると思っていました。

たしかに同じジャンルを書いていれば、読み手や客を奪い合うライバルかもしれません。

でも、基本的にそんなに書くことが被ることって実はそんなにないですよね。

 

ブログは基本、孤独な作業です。

始めた時も1人だし、書いている時も当然1人です。

そんな中で頑張っている人たちだから、逆に仲間意識が強く生まれるのかもしれません。

誰かがなにかを達成した時には褒めたり一緒に喜んだり、Twitterで何度も励まされました。

 

「ブロガーは1人であり孤独である」

だからこそネット上では強い仲間意識が生まれるのだと感じました。

その中でさらに繋がりを求めたり、リアルを求める人はサロンであったりコンサルに参加するのかなと思いました。

Twitterでのバズは良い経験となったが・・・やはり私にはくだらないつぶやきが似合っている

今回、Twitterでバズった経験(たいしたことはないけど)は私にとって味わったことのない体験となりました。

ちょっとだけですが、自分が芸能人になったようなそんな感覚になれました(笑)

ただ、そんな毎日は絶対にイヤだということも確信しました。

 

みんなから注目されていたら、どうでもいいくだらないつぶやきなんか出来ませんもんね。

今では平穏な日々が戻ってきて、ツイートに対するいいねも安定の1桁です。

でも、それでも見てもらったり、いいねがもらえるだけでもありがたいですよね。

 

ですのでこれからも私は

「今日の夕飯、なんにしようかなー。カレーかラーメンか悩む!けどハンバーグも捨てがたい!」

みたいな、誰の興味もない得もない、ツイートを安心してつぶやいていきたいと思います。

 

それではまた明日!

こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です