ライブ・フェス

ビバラロック2019・2日目の感想とセットリスト【ビバラ日記】

ビバラロック2019 2日目の感想とセットリスト 【ビバラ日記】 アイキャッチ

どうもー、ゆきかざです!

本日はただの日記のようなものです(笑)

私の大好きなフェスである【ビバラロック】に行ってきた様子をまとめました。

私にとって【ビバラロック】は年に1度のお祭りなのです。

もちろんフェスは全国各地にたくさんあるのですが、私は【ビバラ】1択です。

いや、本当はもっと他のも行きたいんですけどね。

でも【ビバラロック】を愛しています。

2019年の【ビバラロック】4日間全てに参加した私のただの忘備録として書きますので、それでも見てくれるという人がいたら見てください(笑)

もちろん音楽についての専門家でもないので、1個人の感想としてお読みください。

ビバラロック2日目のタイムテーブル

ビバラロック】2019の2日目(5月4日・土祝日)のタイムテーブルです。

今年(2019年)から【ビバラロック】は4日間開催になりました。

ビバラロック2019・2日目の感想とセットリスト【ビバラ日記】 タイムテーブル

公式アプリよりタイムテーブルです。

赤色になっているのが私が見たいと思ってたアーティストです。

ちょっと上下が切れてしまっているのが残念です(笑)

特に楽しみにしていたのは【VIVA LA J-ROCK ANTHEMS】です。

これが見たくて毎年【ビバラ】に行っていると言っても過言ではないですね。

ビバラ】でしか見られないスペシャルな瞬間をいつも期待しています。

フェス2日目の朝に思うこと

まず2日目に朝起きて思うことは

「起きるのしんどい!」
「体が痛い!」
「体が重い!」
「筋肉痛ヤバイ!」

こういうことです(笑)

明らかに初日とはテンションも体の軽さも違います。

特に1日目は「ヤバイTシャツ屋さん」で相当モッシュしたので、体中痛かったです。

そう言っても会場に向かわないとしょうがないので気合で向かいます(笑)

行ってしまえばなんとかなります!

ビバラロック2日目に見たアーティストと感想

ビバラロック】2019の2日目(5月4日・土祝日)に見たアーティストの感想と分かっているものに関してセットリストも紹介します。

never young beach

2日目も会場内に入ると前日までの疲れも少し和らぎ「今日もフェス楽しむぞ!」という気持ちになれます。

ただ、2日目の人と2日目が初日の人とでは明らかにテンションに温度差があるのが分かります(笑)

会場内は昨日の朝イチよりももっと人が入っている印象でした。

ビバラロック】2日目最初に音を鳴らしてくれたのは「never young beach」。

ビバラロック2019・2日目の感想とセットリスト【ビバラ日記】 ビバステージ

何回か来てるイメージがあったのですが【ビバラ】初登場だったんですね。

朝1番に聴くのにふさわしい心地よい音楽でした。

ビーチと名前がついている通り、野外のフェスとかで夕方の時間とかに聴けたらまた最高なんだろうなと思いました。

2曲目の「どうでもいいけど」のギターなんてたまんなかったです。

ギターの方が誕生日ということで、そのために演出の炎を盛大に使ったところが最高に面白かったです(笑)

never young beachのセットリスト

1. STORY
2. どうでもいいけど
3. あまり行かない喫茶店で
4. fam fam
5. いつも雨
6. 明るい未来
7. お別れの歌

竹原ピストル

「STAR STAGE」の1組目は「竹原ピストル」。

ビバラロック2019・2日目の感想とセットリスト【ビバラ日記】 スターステージ

生で「竹原ピストル」を見れることを相当楽しみにしていた私。

バンドはおらず、ギター1本で登場、演奏。

歌が始まるとただただその歌声に圧倒されました。

「自分が逆の立場だったら、朝10時から竹原ピストルのライブだけは見たくない」というMCが最高でした。

姪っ子が見に来ているということで少し照れていましたが、姪っ子にあてたメッセージからの歌も本当に感動的でした。

「よおそこの若いの」を演奏する前に「スマッシュヒット曲やります」と言って始めていたけど、十分ヒット曲だと思います。

最初から最後までずっと優しくて、お客さんへの感謝を口にしていた「竹原ピストル」はめちゃめちゃかっこよかったです。

竹原ピストルのセットリスト

1. おーい!おーい!!
2. LIVE IN 和歌山
3. Gimme da mic!!
4. Forever Young
5. 落陽
6. Amazing Grace
7. よー、そこの若いの
8. 狼煙
9. MY WAY

created by Rinker
Speedstar (victor)

SKY-HI

「赤い公園」を見に行こうかと思ったら入場規制になってしまったので、座ってゆったりと「SKY-HI」を鑑賞。

「SKY-HI」も【ビバラ】にはけっこう出てるし、いつも見てる気がする。

「AAA」も「SKY-HI」の曲も全く知らないんですけどね。

見てて思うのはよく歌詞が覚えられるなというのと、早口がすごいなということ(笑)

そしてそれに合わせるギターやドラムのすごさ、そしてダンスの切れの良さ。

「自分アイドル出身だから」と言っちゃうんだなと思って聴いてました。

SKY-HIのセットリスト

1. Name Tag
2. Purple Haze
3. As A Sugar
4. フリージア
5. Tylant Island
6. 何様
7. Walking on Water
8. Double Down
9. Paradise Has No Border
10. Snatchaway
11. Chit-Chit-Chat
12. ナナイロホリデー

King Gnu

この日、朝からすごい人が多かったのは「King Gnu」が出るからというのが大きな理由の1つだと思います。

会場前の物販では大行列が出来てました。

今、1番勢いのあるアーティストと言えると思います。

去年は「CAVE STAGE」だったという事実が驚きですよね。

私と言えば「白日」が好きというレベルのミーハーレベルですが、楽しく見れました。

1曲目は拡声器を使用して歌ってましたね。

セカオワの「ドラゴンナイト」以外で初めて見ました(笑)

ちなみにこのあとのVIVA LA J-ROCK ANTHEMS】で出てきた時も拡声器を持ってました(笑)

歌も上手いし2人ともピアノが弾けるとかズルいですわ。

King Gnuのセットリスト

1. Slumberland
2. Sorrows
3. Vinyl
4. 白日
5. Flash!!!
6. Prayer X
7. The hole
8. Tokyo Rendez-Vous

CHAI

タモさんにタメ口で話題になった「CHAI」(笑)

2018年も見ましたが個人的にはとても好きです。

小学生のようなかわいさ(褒め言葉)で、なんか優しい気持ちで見れます。

合間合間に挟まれるMCやダンス、コマーシャルソングなど楽しませる要素が満載です。

英語で喋り日本語で通訳をするという定番のスタイル、コンプレックスを「NEOかわいい」というポジティブに捉える考え方はとてもステキだなと思います。

楽しいだけでなく曲や演奏もしっかりしていて力強くかっこいいです。

フェスに出演していたら見るべきバンドの1つです。

CHAIのセットリスト

1. ボーイズ・セコ・メン
2. CHOOSE GO!
3. ファッショニスタ
4. 自己紹介
5. N.E.O.
6. カーリー・アドベンチャー
7. We are Musician
8. フューチャー

ゲスの極み乙女。

「ゲスの極み乙女。」も好きなバンドです。

色々ありましたが(笑)音楽はやっぱりとてもいいなと思うわけです。

2016年に【ビバラ】で見た時は丁度、騒動の直後だったのでかなり元気がなさそうだったし、オーディエンスも少し冷たい印象でした(あくまで印象)

でも、今回は元気そうで安心しました(笑)

MCでは【ビバラ】では禁句?の「JAPAN JAM」の話をぶっこんでました。

最終的に「来年からはどっちかずらそう」まで言ってましたね(笑)

それを諫める「ほな・いこか」は相変わらずキレイでした。

でも今では「ちゃんMARI」の方が好きです、なんせピアノが上手すぎます。

「猟奇的なキスを私にして」「 ロマンスがありあまる」「キラーボール」という初期の大好きな3曲を聴けて最高でした。

3曲目くらいまでモニターに映像が映らなかったので権利関係とかでダメなんかな?とか思いましたが途中から映ったので良かったです。

ゲスの極み乙女。のセットリスト

1. 星降る夜に花束を
2. 猟奇的なキスを私にして
3. ロマンスがありあまる
4. サイデンティティ
5. ドグマン
6. パラレルスペック
7. crying march
8. キラーボール

スガ シカオ

2年前には【ビバラロック】の翌日に「スガフェス」を開催するなど、【ビバラ】との関わりも深いスガシカオさん。

途中MCでやたらに「ギリギリ」「ギリギリで生きてきた」って言うからなにかと思ったら、急に「Real Face」を歌い出すというサプライズ。

「なんで?」と思ったけど「Real Face」の作詞はスガシカオさんだったですね、初めて知りました。

さらに「SKY-HI」も登場してコラボが始まりました。

突然のサプライズで会場は大盛り上がりでしたよ。

そしてなにより嬉しかったのが最後にしっかり「Progress」を歌ってくれたこと。

客が期待していることにしっかり応えてくれるあたりはさすがだなーと感じました。

スガシカオのセットリスト

1. 労働なんかしないで 光合成だけで生きたい
2. 正義の味方
3. コノユビトマレ
4. Real Face
5. 19才
6. 真夜中の虹
7. Progress

VIVA LA J-ROCK ANTHEMS【Ba:亀田誠治/Gt:加藤隆志(東京スカパラダイスオーケストラ)/Gt:津野米咲(赤い公園)/Dr:ピエール中野(凛として時雨)】

本日のお楽しみのアーティストがやってきました。

これが見たくて【ビバラ】に来ているといっても過言ではありません。

出来れば事前にアーティストを知りたくないなって思うんですけどね。

情報を当日まで遮断するのはさすがに厳しいっす。

ビバラロック2019・2日目の感想とセットリスト【ビバラ日記】 リハ

リハーサルから「前前前世」で盛り上げてくれました。

今回は新たな試みとして田島さんが自分の歌である「接吻」「めくれたオレンジ」を歌うなんてこともありました。

大木さんは鹿野さんに「あいみょん」歌ってくれと言われて震えたと言ってましたね。

「鹿野さんが歌を決めてるんかい」って思ったけど(笑)

最後は「King Gnu」の2人が「FANTASISTA」を熱唱、また拡声器を持ってましたね。

やっぱり「FANTASISTA」って名曲だなーと思いました。

個人的には例年ほど「おー!」っていうのはなかったです、それでも楽しかったけど。

過去でいえば「水曜日のカンパネラ」が大きいボールの中に入って会場の客の上をぐるぐる回されながら歌うくるりの「ワンダーフォーゲル」とか最高でしたもん(笑)

来年もまた楽しみにしてます!

VIVA LA J-ROCK ANTHEMSのセットリスト

1. マリーゴールド/大木伸夫(ACIDMAN)
2. 銀河鉄道999/マナ・カナ(CHAI)
3. キラーチューン/三原健司(フレデリック)
4. 接吻〜めくれたオレンジ/田島貴男(ORIGINAL LOVE)
5. 歩いて帰ろう/牧達弥(go!go!vanillas)
6. FANTASISTA/常田大希、井口理(King Gnu)

PUNPEE

名前も曲も全く聞いたことがなく、初めて見たPUNPEE。

ヒップホップは普段全然聴かないので・・・

見た目は頭の良い大学生みたいに見えたけど、ライブが始まればまぁキレキレのラップで客を盛り上げてました。

驚いたのはここでも出てきた田島貴男さん(ORIGINAL LOVE)(笑)

さっき「VIVA LA J-ROCK ANTHEMS」で見たばっかりだったんだけど(笑)

しかもこの日は「GARDEN STAGE」にも出てるからどんだけ出てるんだよと思いましたが、そんなところがかわいらしいですね。

最後の方に演奏した「タイムマシーンにのって」はこの日に初めて聴いたのですが、とってもステキでした。

あと色々調べてたら「秋元才加」って出てきたので、あぁこの人だったのかって知りました(笑)

PUNPEEのセットリスト

1. Intro
2. P.U.N.P
3. Happy Meal
4. Kids in the Park
5. フリースタイル
6. 夜を使いはたして
7. Scenario
8. グッディ・ガール feat. 田島貴男
9. Sing Simple Song~Super Station~お嫁においで
10. タイムマシーンにのって
11. Renaissance

Suchmos

ビバラロック】直前のライブをベースのHSUの体調不良でキャンセルしていた「Suchmos」。

キャンセルもありえると思ってましたが、無事に来てくれました。

Suchmosのベースが本当にすごいのは前回見た時に無知な私でも分かりましたもんね。

あと思ったのはYONCEの髪が伸びたなーということ(笑)

短髪のイメージがずっとあったので。

映像にちょいちょい「King Gnu」のメンバーが映ってたのが面白かったです。

「Suchmos」が始まる前くらいから外は雷雨に加えて雹も降ってきました。

でも、屋内のフェスだと天気に左右されないのがありがたいですね(GARDEN STAGEは大変だったと思うけど)

Suchmosのセットリスト

1. Pacific Blues
2. BODY
3. ROLL CALL
4. MINT
5. VOLT-AGE
6. YMM
7. WATER

Official髭男dism

この日の記事で1番書きたかったのはこのバンドです。

今日【ビバラ】で見るまで名前は聞いたことあっても、曲は1曲も知らず。

ただ、始まった瞬間からどんどん惹きつけられていました。

お揃いの衣装めっちゃかわいいし(笑)

なにより歌がめちゃめちゃ上手い!

曲もすごいいいし、観客との合唱もすごかったです。

なんで自分はこのバンドをこれまで知らなかったんだろうと恥じましたね。

「ブラザーズ」ではベースの人はサックスに持ち替えて、バックの方と一緒にステージを盛り上げていました。

「Stand By You」も感動したし、最後の「異端なスター」なんて本当に泣きそうでしたよ。

本当は早めに切り上げてアジカン待ちしようかと思ったんだけど、ステージから目を離せませんでした。

フェスの良い所はこんな風に初めてのバンドを知って好きになれることですね。

ビバラロック】が終わってからもずっと「Official髭男dism」を聞いてます。

ただ、もったいないなぁと思うのはバンド名が言いづらいのと変換しづらいことです(笑)

もっと言いやすいキャッチーなバンド名だったらもっと早く売れてるんじゃないかなぁ。

Official髭男dismのセットリスト

1. ノーダウト
2. Tell Me Baby
3. バッドフォーミー
4. LADY
5. ブラザーズ
6. FIRE GROUND
7. Stand By You
8. 異端なスター

ASIAN KUNG-FU GENERATION

アジカンを見るのは何年振りだろうか。

多分10年振りくらいに生で見ました。

アジカンも私が大学の頃にデビューしてそれからずっと聴いています。

なんとなくゴッチは不機嫌なイメージがあったけど、出てきたゴッチの表情は柔らかくて楽しそうに踊ったりしていて安心しました。

「君の街まで」のイントロが流れた時は泣きそうになりましたね。

それからの「リライト」ではCreepy NutsのR-指定が登場しコラボしていました。

個人的に大好きな「踵で愛を打ち鳴らせ」を聴けたのが嬉しかったです。

アンコールで出てきたあとのMCでは私たちを責めて言ってたわけではないけど「リライト以外盛り上がっていない」「新しいアルバムを聴いてない」って言われて、なんか考えさせられました。

こっちは勝手に知っている曲を期待してしまっているけど、それはこっちの都合ですよね。

ただ流れる音楽を考えることなく楽しむことが大切なんだと思いました。

最後の曲「解放区」はそんな気持ちで楽しむことが出来たし、とてもいい曲でした。

ASIAN KUNG-FU GENERATIONのセットリスト

1. UCLA
2. ホームタウン
3. 荒野を歩け
4. 君の街まで
5. リライト
6. 迷子犬と雨のビート
7. 踵で愛を打ち鳴らせ
8. センスレス
9. スタンダード
10. ボーイズ&ガールズ
EN. 解放区

ビバラロック2019・2日目の総評と個人的ベストアクト

私が【ビバラロック2019】2日目に見たアーティストの感想を書かせていただきました。

私は音楽に詳しいわけではないので、完全に個人的な感想だということをご了承ください(笑)

 

本日も「VIVA! STAGE」と「STAR STAGE」の全アーティストを見ました。

最後は【ビバラロック】恒例の紙テープもGET出来ました!

ビバラロック2019・2日目の感想とセットリスト【ビバラ日記】 紙テープ

個人的な2日目のベストアクトは文句なしに【Official髭男dism】ですね。

竹原ピストル】も良かったし【CHAI】も音楽の楽しさを感じさせてくれました。

Official髭男dism】はフェスで知らない音楽に出会うことの素晴らしさを教えてくれた気がします。

まさか1曲も聴いたことのなかったバンドが個人的ベストアクトになるなんて思わないですもんね。

それくらい圧巻のステージだったし歌も本当に良かったし、感動もしました。

これからフェスに行く度にこんな経験が出来たら嬉しいですね。

その前にしっかり出るアーティストの曲を予習していくべきなんでしょうが・・・(笑)

 

あっという間に【ビバラロック】も半分終わってしまいました。

心地よい疲れを感じながら、また明日を楽しみにして帰りましたとさ。

 

ビバラロック、他の日についての記事はこちら!

あわせて読みたい
ビバラロック2019 1日目の感想とセットリスト【ビバラ日記】 アイキャッチ
ビバラロック2019・1日目の感想とセットリスト【ビバラ日記】どうもー、ゆきかざです! 本日はただの日記のようなものです(笑) 私の大好きなフェスである【ビバラロック】に行ってきた様子を...
あわせて読みたい
ビバラロック2019 3日目の感想とセットリスト 【ビバラ日記】 アイキャッチ
ビバラロック2019・3日目の感想とセットリスト【ビバラ日記】どうもー、ゆきかざです! 本日はただの日記のようなものです(笑) 私の大好きなフェスである【ビバラロック】に行ってきた様子を...
あわせて読みたい
ビバラロック2019 4日目の感想とセットリスト 【ビバラ日記】 アイキャッチ
ビバラロック2019・4日目の感想とセットリスト【ビバラ日記】どうもー、ゆきかざです! 本日はただの日記のようなものです(笑) 私の大好きなフェスである【ビバラロック】に行ってきた様子を...

 

それではまた明日!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です