犬(愛犬旅行)

【松本城】を犬と一緒に楽しむには?~本丸庭園の外までならOK~

【松本城】を犬と一緒に楽しむには?~本丸庭園の外までならOK~ アイキャッチ

どうもー、ゆきかざです!

本日も愛犬と旅行に行くことが大好きな私が、犬連れで旅行に行く方へおすすめの場所を紹介したいと思います。

今回の旅行の宿泊は祖父母宅に泊めさせてもらったのでホテル記事はなく、愛犬旅行「長野編」はこの記事で最後になります。

2018年10月に行ったこの旅行ですが、書き終わるのは年を跨いでしまいました(笑)

 

「長野編」最後にお届けする場所は長野でも屈指の観光地【松本城】です。

松本城】は犬と一緒に行けるの?という疑問に、実際に行ってきた様子を交えてお答えしていきたいと思います。

【松本城】に着くまでが大変!?

私たちが【松本城】を訪ねたのは、10月の3連休でしたので混んでるだろうなと予想はしていましたが、想像以上でした。

まず渋滞でたどり着くまでが大変でしたし、周辺の駐車場もほとんどが満車でした。

駐車場は運良く偶然空いたので事なきを得ましたが【松本城】の人気を少し侮っていました。

車の中にいる時間が長いと犬にとっても負担となるので、出来る限り空いてそうな平日に行ったり、休日に行く場合は事前に駐車場を調べておくなどの下準備をしてから行くのが良いと思います。

また、私が【松本城】に行った時はちょうど「そば祭り」が行われており、それも混雑の原因でした。

イベントなどが同時期に行われていないかも確認しておきましょう。

【松本城】を犬と一緒に見て周る方法は?

駐車場に車を停めて【松本城】が見えると、そのカッコよさに感動しました。

さすが【松本城】いやただの【松本城】ではなく【国宝 松本城】と呼んだ方がいいかもしれません。

城の周りは内堀、外堀と池に囲まれているのがまたなんともステキです。

正式なことは分かりませんが、堀の外側は【松本城公園】というのが正しいのかもしれません。

そこは犬と一緒に周ることが出来ます。

私たち以外にもけっこう犬連れの方は見られました。

 

まずは「埋橋」で写真を撮りました。

【松本城】を犬と一緒に楽しむには?~本丸庭園の外までならOK~ 埋橋

この橋を通って本丸の方に進むことは出来ませんので、本丸の中に行きたい場合は「黒門」を通ることになります。

天気も良くて、本当に城がかっこよく見えました。

かっこよかったので色々な角度から撮りたくなり、ここから公園内を歩いて撮影してきました(笑)

【松本城】を犬と一緒に楽しむには?~本丸庭園の外までならOK~ 外観1 【松本城】を犬と一緒に楽しむには?~本丸庭園の外までならOK~ 外観2

ちょっと角度を変えていくだけで城の見える範囲や見え方が変わるので面白く、かっこよかったです。

歩いていくと「本丸庭園」への入り口となる「黒門」に着きました。

【松本城】を犬と一緒に楽しむには?~本丸庭園の外までならOK~ 黒門

この「黒門」をくぐっていくと、観覧券売場があり「本丸庭園」へと続いていきます。

しかし、残念ながら犬連れではこの「黒門」を超えて中に入ることは出来ません。

もちろんペットを連れていなければ入ることが出来ます。

【松本城】を犬と一緒に楽しむには?~本丸庭園の外までならOK~ 本丸庭園内

私も一瞬だけ奥さんに犬を預けて中に入って見てきました(笑)

やっぱりこれくらい近付いて正面から見れると、さらに雄大ですね!

さすがに天守内までは1人では行きませんでした。

天守に入らなければ一切お金はかからないので、無料でこれだけ楽しんで国宝を眺めることが出来るのですから、とてもお得だと思いました。

 

この他にも【松本城公園】内には犬と見れる名所がたくさんありました。

こちらは「太鼓門」と呼ばれる門です。

【松本城】を犬と一緒に楽しむには?~本丸庭園の外までならOK~ 太鼓門

堀の外からだとどうしても【松本城】の正面から犬と一緒に写真を撮るのが難しいです。

そんな時は「二の丸御殿跡」から撮影すると、正面から映すことが出来ますよ。

【松本城】を犬と一緒に楽しむには?~本丸庭園の外までならOK~ 二の丸御殿跡

距離は遠くなってしまいますが【松本城】を正面から撮影することが出来ます。

他にも広い公園内は自由に散策出来るので(飼い主としてのマナーを守るのは絶対!)天守閣、本丸庭園内には入れなくてもバッチリ楽しむことが出来ました!

犬連れで行く時のポイント・注意点

松本城】に犬連れで行く時のポイントと注意点をおさらいしたいと思います。

・【松本城】を犬連れで楽しめるのは「黒門」より外の【松本城公園】内のみです。「黒門」を越えて「本丸庭園内」や「天守」には犬を連れて入ることは出来ません。
・入場料は「天守」内に入る時のみかかります。犬連れで行ける範囲はお金はかかりません(駐車代は除く)

・犬を連れて行ける範囲の場所でも、しっかりマナーを守って散策するようにしましょう。
・いつでもたくさんの人がいることが予想されますので、犬が苦手な人もいます。周りの方に迷惑をかけないように心がけましょう。
・場合によってはリードで歩かせるのではなく、抱っこをするなどの対応を取りましょう。
・駐車場の下調べを事前にしておきましょう。
・同時期にイベントなどを行われていないか、確認しましょう。
・最寄りの松本ICからも渋滞の状況によってはとても時間がかかります。(帰りも同様)時間に余裕を持って行動するようにしましょう。

【松本城】の基本情報(マップやアクセスなど)

松本城】のマップです。

【松本城】について

【住所】
〒390-0873 長野県松本市丸の内4−1
【電話番号】
0263-32-2902
【開場時間】
8:30~17:00(最終入城は16:30まで)
※GW期間、夏季期間、正月三が日期間は変更あり
【定休日】
年末(12月29日から31日)
【観覧料】

大人 小・中学生 備考
個人 610円 300円
団体 550円 270円 20名以上、99名まで
480円 240円 100名以上、299名まで
420円 210円 300名以上

※松本市立博物館との共通券となっています。
 

【松本城】へのアクセスについて

【車でのアクセス】
長野自動車道 松本ICから国道158号を松本市街地方面へ向かい約3km(約15分)
【電車でのアクセス】
JR篠ノ井線「松本駅」下車 徒歩約15分

愛犬と一緒に【国宝 松本城】を見れた喜びは何事にも代えられない

今回は愛犬と一緒に【松本城】を見てきた様子を紹介させていただきました。

「本丸庭園内」や「天守」には入ることが出来ないので【松本城】を100%堪能できたかといえば、難しいかと思います。

しかし犬連れで旅行に行く以上は諦めなければならないこともあります。

それに「天守」の中には入れなくても外から雄大な【松本城】を愛犬と一緒に眺めることが出来ただけでも私は大満足出来ました。

長野に来たからには【松本城】はどうしても見たかったし、その願いを叶えることも出来ました。

この記事が犬連れで【松本城】に行きたいと思っている方の手助けになれば嬉しく思います。

 

最初に書いたように楽しかった長野旅行は【松本城】で終わりを迎え、私たちは帰路につきました。

愛犬と行く長野旅行はとっても楽しかったです!

しかし、長野は本当に広いのでまだまだ行きたいのに行けていない所がたくさんあります。

次回行く時は今回の旅行とは違った場所にまた行って、長野を堪能したいと思います。

 

自称「愛犬旅行家」の私に朗報ですが(自分のことだけど(笑))また次の旅行も決まりそうです。

無事に休みが取れるか、お金があるかは分かりませんが・・・(笑)

その時はまた記事を書きたいと思います。

よかったら、また見てください!

 

次の旅行記「千葉編」のスタートはこちら!

あわせて読みたい
【鋸山ロープウェー】 犬と一緒に絶景を 眺めながら日本寺へ アイキャッチ
【鋸山ロープウェー】~犬と一緒に絶景を眺めながら日本寺へ~どうもー、ゆきかざです! 本日も愛犬と出かけることが大好きな私が、犬連れで楽しめるおすすめの場所を紹介したいと思います。 前...

他に「長野」で愛犬と楽しめるスポットはこちら!

あわせて読みたい
【善光寺】長野県で犬と行ける愛犬家におすすめ観光地 アイキャッチ
【善光寺】長野県で犬と一緒に善光寺参り【愛犬と周る時のポイント】どうもー、ゆきかざです! 先日、愛犬旅行「日光編」が無事に完結しましたが、ここからいよいよ「長野編」が始まります(笑) これ...
あわせて読みたい
【山城屋】善光寺近くで犬と一緒に蕎麦が食べられる店【仲見世通り】 アイキャッチ
【山城屋】善光寺近くで犬と一緒に蕎麦が食べられる店【仲見世通り】どうもー、ゆきかざです! 前回「善光寺」についての記事を書きましたが、今回は「善光寺」のすぐ側にある犬と一緒に入れるおそば屋さんを...
あわせて読みたい
【こまくさ橋】犬と一緒に自然と触れ合える観光施設【すずらんハウス】どうもー、ゆきかざです! さて、愛犬と行く旅行【長野編】も2日目に入りました。 私たちが今回の旅行で拠点としたのは長野県駒ケ...
あわせて読みたい
【光前寺】ゆるキャン・早太郎伝説で有名な長野県駒ケ根市のお寺 アイキャッチ
【光前寺】ゆるキャン△・早太郎伝説で有名な長野県駒ケ根市のお寺どうもー、ゆきかざです! さて、愛犬と行く旅行【長野編】もいよいよ3日目となりました。 私たちが今回の旅行で拠点としたのは長...
あわせて読みたい
【美ヶ原高原美術館】を犬と一緒に楽しむために知ってほしいこと アイキャッチ
【美ヶ原高原美術館】を犬と一緒に楽しむために知ってほしいことどうもー、ゆきかざです! さて、愛犬と行く旅行【長野編】もいよいよ折り返しとなりました(笑) 「やっとかい!」という感想をお...

今回の記事に関連する商品

犬連れ旅行で宿・ホテルを予約するならじゃらんnet

じゃらんnetなら、ペットと泊まれる宿が専用のページから選べます。

宿・ホテルの掲載数も多く、ポイントもたまりますのでおすすめです。

ペット旅行の準備や宿でのマナー、ドライブ時の注意なども詳しく載っていますよ。

【じゃらん】国内24000軒の宿をネットで予約OK!最大10%ポイント還元!

ペット用ドライブボックス

ドライブ中は犬は必ずキャリーケースかドライブボックスに入れて、安全を守れるようにしましょう。

このドライブボックスは簡易キャリーケースとしても使うことが出来るのでおすすめです!

ペット用キャリーケース

我が家でも使用しているキャリーケースです。

お出かけでもドライブでも使えます!

横からだけではなく、上からも出入り出来るのがポイントです!

キャリーが苦手な子はどうしても横から入れようとすると暴れて時間がかかりますからね。

サイズは犬の大きさに合わせてSかM、色はブラウンとピンクがあります。

 

それではまた明日!

 

こんな記事もおすすめ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です